粢田一男(ひとぎでん・いちお)氏の石橋画展を行います。

粢田さんは熊本の石橋に魅せられて熊本県内各地の石橋372基の絵画を作成。

熊日(熊本日日新聞)の美術公募展くまもと「描く力」2016では、記憶-柱状節理(立野渓谷)-が熊日大賞に選ばれました。

「薩摩街道沿いの石橋を辿る」をメインとして石橋の絵画20数点を赤松館・米蔵に展示します。

期間:10月15日()~11月27日(月)〔期間内の土・日・月のみ〕 午前10時から午後4時まで

 

上は二見の「新大平眼鏡橋」、下は津奈木の「重盤岩眼鏡橋」です。

チラシはこちら