昨日七草粥をいただきました。

新年のご挨拶が遅くなってしまいましたが、
今年もよろしくお願いします。

 

何か正月らしい風景はないものかと探しているうちに時間がたってしまったのですが、
すぐ目の前にありました。赤松館の駐車場側の入り口の脇にある橙(ダイダイ)です。

冬に熟した果実が年を越しても落ちず、2~3年なり続けることからこう呼ばれるようになったそうです。 正月飾りに橙が用いられるようになったのも、この「代々」の意味から「代々栄える」という縁起を担いだものだそうです。赤松館の入り口を守るこの木も、その思いを込めて植えられた木です。