先日の台風の際に雨戸をしめた時の画像です。

雨戸をしめる事や、雨戸のしまった情景を見ることすら

最近、少なくなりました。

 

百数十年、赤松館を守り続けた雨戸の風格には、その誇りが感じられます。